アイデアは(再び)科学によって損なわれています。 2万メラノーマの合計を分析する38件の研究をふるい分け、イタリアの研究者は、驚くべき現象を指摘している:のみ29%の 皮膚がん 皮膚上の小さな病変で71%に対して、モルで始まりました。翻訳: "医師と患者がほとんど、あるいはモルのスキンをカバースキンより黒色腫を発症する可能性が高いことを理解することが重要です ほくろ"レッジョエミリアIRCCS(イタリア) - 博士リクカード・パンピーナ、皮膚科サービスおよび皮膚癌Arcispedale S.マリア・ヌオーヴァのメンバーは、研究の主執筆者を警告します。

皮膚全体を監視する必要があります

さらに、皮膚上の病変で発生メラノーマはモルに関連するものよりもより積極的になる傾向があります。このように、 "これらは唯一ではありません ほくろ, しかし、皮膚科医による患者によって監視し、検査しなければならない皮膚のすべて"博士Pampenaは述べています。現実には、既存のタスクよりも、それは心配して相談につながるされている皮膚に見られる変化しているため。

自分の肌を知ることが重要であり、できるだけ変化を見ることができます。自分で容易に観察、特に背中の肌のために、あなたの愛する人からのアドバイスを求めることを躊躇しないでください。一般的には、皮膚科医は、毎年恒例の予防訪問をお勧めします。

この分析は、ジャーナルに2017年8月29日公開されました 皮膚科学のアメリカアカデミーのジャーナル.

また読む:黒色腫を、癌様々な皮膚癌に更新...

参照:肌に潤いを与えるには正しいこと(ビデオ)